設 計
 
 調 査
 
 工 事
 
 
 
 
 
   
   

 
 【設計部門】

 近年、自然災害に関するニュ−スがメディアで取り上げられる機会が多く
関心事項の一つになっている方も多いと思います。
設計部門は、地すべりや崩壊・落石等に関する計画→調査→工法検討→詳細設計に多く携わってき
た実績があります。


    


 斜面防災では、現地状況の把握や地質状況の想定が重要になります。
どうして壊れるのか?どのくらいの規模が壊れるのか?
等を調査・観測で定量的に把握することに努めます。


 調査業務と設計業務の重複部であるメカニズムや解析断面のモデル化は地すべりや崩壊の現場
を多数踏査してきた経験を活かして臨みます。


 設計では法規や基準に則った上で、個別の現場条件に適合するように進めていきます。
工事部門との連携により安全で現実的な仮設計画や品質や工程に配慮した施工計画を提案しています。


    


 施工中に問題が発生した場合には、迅速な対応を心掛けており、発注者や現場の状況に適した提案を行うとともに、今後の設計業務に反映させています。


 災害復旧設計では、迅速な対応を求められることが多くあります。
工程管理と体力気力で要求事項に対処してきました。

その他、ため池設計(漏水対策)、道路設計、土木一般造物等の設計の実績も多数あります。